「 翻訳会社の仕事をする 」

映画の字幕や海外言語で書かれた書物など、「翻訳」はわたしたちの生活にはなくてはならないものです。すべての言語を習得することはあまりにも難しく、また手間もかかり、タイムラグが発生してしまいます。効率よく内容を理解して、より発展したグローバルなものを掴んでいくためには、「翻訳」をする「翻訳会社」の存在が、不可欠なのです。

外国語を学ぶ人の中には、将来的にはこの翻訳会社で働きたいと考える人は非常に多くなっています。大学の外国語学部や専攻のほかに、翻訳者のための専門学校や短期講座などを開催しているところもたくさんありますし、通信教材やインターネット授業でも、翻訳のための学習をすることができます。書店の関係書コーナーには、翻訳会社で働くための様々な書物がそろっているでしょう。

しかし、実際に翻訳会社で働く人は、外国語を日本語に翻訳する翻訳者だけではありません。翻訳会社に勤めている人の職種を挙げてみると、プロダクトのマネージャー、コーディネーター、チェッカー、リンギスト、ネイティブチェッカー、オペレーター、トレンスレーターなど、様々なものがあるのです。また、翻訳会社といっても一般的な会社と同様の営業職もありますし、経理や総務、広報などを請け負う部署もあります。会社の規模や場所によっても、これらの内容は変動するため、自分が働きたい翻訳会社や、就きたい職種がある場合は、きちんと確認して、それ相応のスキルを身につけなくてはいけません。

当サイトでは、このように翻訳会社で働くための知識についてを紹介します。